DAY29 2017.12.12 パリ

さあ、パリです!

シテ科学産業博物館(Cité des Sciences et de l’Industrie)

自然科学系が強い総合科学館

URL: http://www.cite-sciences.fr/

ラ・ヴィレット公園にあることからか、この科学館を「ラ・ヴィレット」と呼ぶ場合がありますが、正しくは「シテ科学産業博物館」。開館は1986年。

チケットはパリにあるミュージアムのパスポート券「パリ・ミュージアム・パス」を購入しました。このパスポートがあれば、たくさん見ればお得ですし、優先入場もあり並ばずに見ることができます。ルーブルやベルサイユ宮殿でも使えるので、けっこう人気があるようです。

このミュージアムはいわゆる総合科学館ですが、どちらかというと自然科学系に力をいれているような印象を持ちました。

建物の規模は科学館としてはヨーロッパ有数。建築デザインは意匠面でユニークなだけではなく大胆に吹き抜けを設けたりなど迫力がある空間づくりが行われています。天井高も高いので大型展示物の設置や立体的な展示もできるようになっています。

<広告>

この科学館の展示への印象ですが、デザインはすごく良いのですが、展示構成とか展示内容がなんとなくしっくりこなかったです。なぜなのかわかりませんが…。参加体験型展示、ITを活用したインタラクティブな展示は随所にあります。

興味深かったのは英語の解説が充実していることです。フランスといえばフランス語に非常に重きをおいていて、極端な言い方ですが、英語を含む外国語を極力排除しようとしているという印象があったのですが、解説グラフィックはフランス語と英語が同じぐらいの大きさで書かれているものもあり驚きました。

小さな子どもが楽しめる展示もありますが、どちらかというと中高生向きかなという展示でした。実際、団体で訪れているのは、この日だけのことかもしれませんが、ほとんどが中学生か高校生でした。

館内はわりとすいていました。観光で来る人もそうはいないでしょうし、地元中心でしょうね。

ちなみにこのミュージアムがあるあたりの治安はいいとはいえないようです。地下鉄で行きましたが、乗っている人の雰囲気もちょっとパリ中心部とは違うような気がしないではなかったです。駅からはほとんど歩かないので大丈夫でしたが。

 

オルセー美術館(Musée d’Orsay)

印象派のコレクションで有名な美術館

URL: http://www.musee-orsay.fr/

期待値マックスの美術館。前回パリを訪れた約30年前、開館まもなかったオルセー美術館を見落とすという失敗をしてしまい、それだけにずっと気になっていた美術館です。やっと訪れることができました。

ここのことは何もいう必要がないぐらい多くのことが語られています。ほんとに素晴らしいコレクションで見ごたえたっぷりです。そしてそのコレクションを日本では考えられないぐらいじっくりゆっくり見ることができます。もちろん有名作品は人も多く落ち着かないかもしれませんが、それでも日本とは比較にならないぐらい作品と対話できます。それにしても有名作品とそうではない作品の見ている人の数というか混雑ぐあいはほんとに極端でした。

印象派といえば、ジャポニスムを忘れてはいけません。あまり見ている人はいませんでしたが、ブラックモンが『北斎漫画』から題材をとった陶器も展示されています。こういうのを見ておくのも良いと思います。解説がなかったのはちょっと残念でした。

この美術館は駅舎を改築したものということはよく知られています。高さもあるうえに柔らかな自然光が入ってきてとても気持ちの良い空間で作品を見ることができます。それにしても、紫外線カットはされているんでしょうけど、あれだけの照度で展示できるのは西洋美術ならではと思ってしまいました。

<広告>

 

フランス軍事博物館(Musée de l’Armée)

ナポレオンの墓がある博物館

URL: http://www.musee-armee.fr/

沈む夕日の時間に合わせてエッフェル塔の予約をしておいたのですが、少しだけ時間に余裕があったので、途中にあるフランス軍事博物館に寄ってナポレオンの墓を見ることにしました。

ナポレオンの墓があるのは、この博物館の敷地内にあるドーム教会。すごく豪華な内装でした。ナポレオン以外にも軍人が何名か永眠しています。軍功のあった人なのだと思います。

ちょっとだけ展示の方も見ました。ここにも日本の鎧兜がありました。この博物館もじっくり見ると興味深い発見がいろいろありそうです。

この博物館は国立で、砲兵博物館と軍隊歴史博物館が1905年に合併してできたそうです。

日本語のウエブ・サイトも充実していますので、ご覧になっても良いかもしれません。

 

VIPはだれ?

セーヌ川のところやエッフェル塔のあたりがすごい警備でした。

いったいVIPは誰だったんでしょう?

 

エッフェル塔(La tour Eiffel)

誰もが知ってるパリのシンボルの一つ

URL: https://www.toureiffel.paris/

予約して行って良かったです。予約なしだとオフシーズンのこの時期でもかなり並ばないといけないようでした。

夕日の時間に合わせて予約をしたのですが、まぁ夕日かなという感じです。次第に街の明かりが輝いていくところが印象的でした。夜景はやはりきれいでした。

見学デッキには、エッフェルの執務室が再現されていて、その中には日本から贈られた勲三等旭日中綬章の認定証(?)も展示されていました。

降りる時には、一番下の展望台からは階段で降りてみました。上がることもできますので、元気があればそれで上がってもいいかもしれません。エレベーターで上がるよりも待ち時間も少ないようですし。

今日もやはり密度の濃い一日でした。

パリはスリなども多いと聞きますし、何かと不安でしたが、どうにか大丈夫でした。治安が良くないといわれるPER線にも乗りましたが、中心部だけだったためか不安はありませんでした。明日以降も気を付けて観光をしたいと思います。

 

今日の歩数:26,839歩  世界一周はあと51日