1.パスポート・ビザ

世界を旅するのになくてはならないものは、パスポートとビザとお金。私の旅のパスポートとビザの記録です。

旅の必須、必需品:パスポートとビザ

■パスポート

すでに所有していて有効期限も十分ありましたので、手配の必要はありませんでした。

余談ですが、良くいわれるように、現地では日本のパスポートはとても通用度が高いというか信頼度が高いと感じました。国境でパスポートの提示が求められることがありましたが、私のはサクッと見て終わりになる場合でも、そうではない国の方もいました。

余談ついでにもう一つ。2019年度に発行予定のようですが入国スタンプなどがおされる見開きページに北斎の「冨嶽三十六景」が入るようですね。とても良いと思います。世界各地のパスポートコントロールで係員の方に楽しんでもらえそうですね。有効期限内のパスポートも切り替えさせてくれると良いのですが…。

■ビザ/ESTA

訪問予定国では、エジプトとインドはビザが必要でした。

<広告>

エジプト:アライバルビザを取得

エジプトは空港到着時にアライバルビザが簡単に取得できるようでしたので、事前に手配はしませんでした。費用はアメリカドルで25ドル。エジプトポンドが使える感じはしなかったです。貴重な外貨稼ぎの手段になっているのでしょうか。

<広告>

インド:大使館で手続き。必要書類を忘れないように!

インドのビザを取得するためには、大使館で手続き、e-VISA(インターネット)、現地でアライバルビザ取得の3つの方法があるようです。

私は大使館で手続きをしました。といっても申請書類はネットで作成したので、もしかしたらe-VISA申請との手間の違いはなかったかもしれません。大きな違いは、ビザが発給されるとパスポートにビザ(シール)がもらえるという点だと思います。e-VISAはメールで届いたビザをプリントアウトして持っていくようです。ビザの取得費用は1,400円だったと思います。この金額は他の国の人に比べ安くなっているようですね。また、アライバルビザが取れるのも日本国籍所有者ならではというのをどこかで読んだことがあります。こうした優遇は日本とインドの間の良好な関係の証なんでしょうね。

申請の時に添付書類を持って行くのを忘れるというポカをしてしまいました。近くのコンビニでプリントアウトをしてどうにかなりましたので良かったのですが、どうぞお気を付けください。

アメリカ:ビザは免除されてもESTAが必要

短期の観光ならビザは不要なアメリカですが、ESTA(エスタ:電子渡航認証)が必要でした。こちらもオンラインでの申請しクレジットカードで認証料金を支払いました。14ドルでした。